集中できる環境づくり 
長時間座れる
座椅子と机で勉強や読書をする

あなたは、イス派 
それとも座イス派

こんばんは。

毎日、必ずどこかで座る、
お世話になるイス
937a87643899fcacd848fbbdb3db75e8_s

通勤時や用事での移動の際、
車やバス、電車など

病院や役場の待合室、
朝昼晩の食事、仕事や勉強などetc...

中には、腰痛対策や仕事などで、
イスのない立ち机が中心の方も

いらっしゃるでしょう。

今回は、長時間の勉強、読書、仕事など
書斎で長時間、集中できそうな座椅子に

焦点をあてています。

私の場合、自宅では
座イス(平日約4時間)
(休日約10時間)

職場ではキャスター付きのイス
(平日ほぼ8割の約6時間)を
座ってPC作業しています。

私はここ10年で、車にはねられたり
jiko_bicycle_car

階段から足を滑らせ
kaidan_korobu_man

尻もちをつき滑り落ちたり
undou_back_press_man

過去のウェイトトレーニングや
仕事でモーターなどの重量物運搬で
body_sebone_hernia

腰の方は、椎間板ヘルニアを
しっかりと患っております。
medical_corset

遠い過去には
車やバイクの廃車事故も

car_jikosya
それぞれ経験しまして頚椎椎間板ヘルニアとも
共存しております。

medical_corset_kuubi_man


そんな私ですが、自宅では、このタイプの
座椅子を使用して、長時間、安定して
読書やPCなどの閲覧を行っています。

イス-1

座椅子の方は、回転式、肘掛付きを使用

座椅子のメリット
イスに比べ部屋が広く使える(上空部分が)
*もちろん座椅子なしには
叶わいませんが。。

肘掛け付き座椅子選定上の注意点
肘の高さが、低いものもあるので
この辺りは個人差もあり難しいところ
私の場合は普通の姿勢で、着座面から

肘掛上面まで30cmあり腕が肘掛に
あたりしっかり左右をホールドします。

これで肘掛けの上に肘を置いて
安定できています。

ヘルニア持ちでも意外と長時間
座れます

*購入時は、実際の座椅子や
色々な座椅子に座ってみて
①スポンジの固さ(好み)

②回転ベアリングの動き方
(軽すぎるとくるくる回ってしまうかも)

③同じものがなくても、寸法や材質の
リサーチを行って納得してから
購入に踏み切ってください。


*姿勢の端正や腹筋、背筋にも
ほどよく負荷がかかるバランスタイプの
ものも評判はいいみたいですね。


この座イスとペアでPCスタンドを
チョイス、このPCスタンドは

色々な形に変形でき座るのが飽きたら、
仰向けになりPCが閲覧できます。
PCスタンド-1
流石に、仰向けの時の作業は能率が落ちますね。
マウスとキーボードは打ちにくくなります。
写真)
横には、良くある折りたたみ式(600mm×450mm)
クラスのちゃぶ台を置いています。
つくえ-1

そのちゃぶ台にマウスや直近で使う
本やメモなどを置いています。

回転式の座椅子なので
立たずに背面と右側にある
本棚へ手を伸ばすこともできます。

私の部屋は洋室の6畳部屋の為
洋イスと奥行きのあるデスク
(奥行き60cm以上)では、

圧迫感がでて狭く感じたので
ボツとなりました。

以上です。

集中できる環境造り 
長時間座っても疲れない椅子と机を

スポンサーリンク