試験前の飲み会 飲酒について
33fa85497682c29dd684f2f918e311de_s
大切な試験の前、
社会人なら断りにくい宴会もあるはず
e64011e02ce4a3f871a2e51f5ad09770_s
お世話になった人の送別会
これまで一緒に
切磋琢磨した同僚の移動など
nomikai_happy_business
外せない宴会と大切な試験が
重なる時は社会人なら一つや二つ
あるかもわかりません。
nomikai_salaryman
どうしても参加しないと居心地が悪い
そんな時、出来る限り
二日酔いを軽減する事に
着目してみます。

もちろん参加を断れるなら、
それにこしたことはありませんが

参加した場合を前提として、
進めていきます。

お酒の前に、二日酔いの予防として、
ウコンなどのドリンク剤を飲む人は多いと思います。
fb2e7e8855c0588a6a31546ff2fb3298_s
私もウコンを愛用している内の一人です。

では、一体どのタイミングで
ウコンなどの酔い止めのドリンクを
飲むのが効果があるのでしょうか?
138eb491f26fe4dfe6783dec920463a8_s
巷で良く聞くのは

ウコンは胃を、
助ける働きがあるので、
お酒を飲む前が良い

ウコンには、胆汁分泌促進作用、
血圧降下作用、コレステロール分解作用、
胃腸管系作用など多岐にわたって
その効能などの研究されています。
参考:ハウス食品 ウコン研究所
7a4c2ad9e26c967833f48e8518fc6b1e_s
もう一つ二日酔いの
メカニズムとして

二日酔いの原因も、その人により
原因は一つではなく
効果的な対処法も人それぞれ違う
と言う点です。

飲み会の前に
暴飲暴食で既に胃腸が弱っている

仕事や勉強などで睡眠不足である

クーラーによる冷え

心身など色々なストレスがある

肝機能障害があるなど。

宴会中の注意点
すきっ腹にアルコールを
流し込まない
futsukayoi
駆けつけ三杯で、からっぽの胃の中に
アルコールが入ると、
胃はここぞとばかりに
アルコールを吸収してしまいます。
body_i_good
物を食べながらの
飲酒に比べ約2倍の速さで
血中アルコール濃度が高くなるそうです。

飲んでる本人が、
お酒の旨さにひたっている間
既に、肝臓の方は、
body_kanzou_beer
吸収されたアルコールを
分解しようとフルに機能しています。
body_kanzou_bad
すきっ腹に、アルコールを流し込むと、
当然、胃の粘膜に負担がかかり
やられてしまうこともあります。
body_i_bad
・冷えたアルコール
・アルコール濃度の高いお酒
・アルコールの飲む速さ
が二日酔いを抑える鍵になります

これに対する方法を考えると
・ゆっくりとビールなど
低アルコールで
飲み始める。

・胃の粘膜の保護や肝臓に良い食べものを
間に入れながら、アルコールを飲む

・一口食べては箸をおく

他の人にお酒を注ぎにいったり、
会話を入れながら宴会を楽しむ
宴会の中で、水の補給も忘れずに
入れるようにすると、脱水症状を
防ぐことが可能です。
d45a15240c6e283f736ea9f8e7df2f25_s
このように、
紳士的に宴会を進めていくと
「食べながら飲むと
血流が増し飲酒量も減ります」

胃や腸に血流が集まるように、
肝臓にも血流が
普段の8割増しになると
いわれています。

血流が増すと、
肝臓も良く働くというメカニズム
になる仕組みです。

「飲んだアルコールの総量が
肝臓の処理能力をこえないようにする」
kanpai_nihonsyu
ちゃんぽんは、口当たりが変わるので
ついついアルコールの総量が多くなります!
要注意ですね!
gaman_osake


飲酒前では 
ウコンの入ったドリンク剤や錠剤
(効能) 
ウコンに含まれるクルクミンと言う成分が
胆汁の分泌を促し、
アセトアルデヒドの分解を早める
飲酒の30分~60分位が効果的

ヘパリーゼの入ったドリンク剤や錠剤
(効能) 
肝臓の機能を助けるため
飲酒の30分~60分位が効果的

アボガド、梅干、にんにく、
きゃべつ、かぼちゃ、レバー、

kabocha
お酢を使った料理などもいい
vegetable_cabbage2
*アボガトとキャベツには
肝臓の解毒機能を高める作用がある

イカやタコ、海のかき、
アサリなどに含まれるタウリンは、

food_misoshiru_asari
肝臓を守る働きがある
牛乳やヨーグルトなどの乳製品は
胃の粘膜に作用し

milk_gyunyu_pack

乳脂肪がアルコールの吸収を
遅らせることで
肝臓に負担をかけにくい
medical_ichouyaku
胃腸薬を事前に飲んでおくのも
効果があります

food_nattou_pack
飲酒中では
ビタミン豊富な枝豆、冷奴、納豆、

food_toufu_pack
こんにゃく、アサリの酒蒸し

food_gomadoufu_black
きのこ類、わかめの酢物、
(いか、たこ、白身魚、甘エビ、貝類の刺身)

nuts_mix
ピーナッツなどの豆類や豚肉、秋刀魚

fish_sakana_sanma
などの青魚など
edamame
(効能)
納豆に含まれるムチン、タンパク質
ビタミンB群が肝臓の働きを
助ける作用がある

コンビニなどで納豆のパックを
購入し宴会本番前に0次会と称して

ウコンの力と共に食べてしまうのも
いいかもしれません。笑

飲酒後では  
果汁100%ジュースがビタミン補給と

juice_orange
水分補給になるので
勧めと言われています。
(効能)
果糖もアセトアルデヒドの
分解を早めるらしいです
アミノ酸を含むもの、蜂蜜やごまなども。
cooking_honey_hachimitsu
飲み会が終わり帰宅後は、シャワーを浴び、
ポカリスエットなどの
1e01d6f560495674bb034449d8580efb_s
スポーツドリンクで脱水症状を和らげる
後は良質な睡眠をとります。
suimin_man
これによりアセトアルデヒドの
分解作用に効果が期待できます。
shijimi
しじみなどに多く含まれる
オルニチンは肝機能の改善には
あまりにも有名ですが、
food_niku_buta_ro-su
鳥肉、牛肉、豚肉、卵などに含まれる

egg_ware_white
メチオニンも、二日酔いの薬に配合されるほど
肝機能の改善に効果があります。

アルコールが分解されきれずに
脂肪となったものを、体内の脂肪組織に
運ぶ役目も果たすそうで、脂肪肝を防ぐ
うえでも欠かせないアミノ酸と言われています。

関連記事もどうぞ
「この時期 細菌性食中毒に注意してください!」

よろしければ、ソーシャルボタンを
押して頂ければ
これからの励みになります!

スポンサーリンク